アルファードでファミリー車中泊‼こどもとペットに必要なもの

車中泊ファミリーの車中泊あれこれをご紹介☆こどもとペットに必要なもの Van life

こんにちは!sakuyuruです。

私たちファミリーはよく車中泊キャンプや車中泊で道の駅旅をしています。
普段どのようなことに注意して車中泊をしているかをご紹介します♪

1.ファミリー紹介

2.車について

sakuyuru familyが使用している車は30系後期のアルファードです。
このタイプですね↓

おトクにマイカー 定額カルモくん
人気の国産新車から、故障保証がついた中古車まで充実ラインナップ。月定額の料金プランで、あなたに合った車にお乗りいただけます。軽自動車からSUVまで、おクルマ選びはぜひおトクにマイカー 定額カルモくんにお任せください。

グレードはX8人乗りの2WDです。

完全フルフラットにはなりませんが、荷物もかなり車内に載せれて
大柄なファミリーですが悠々に過ごせています。


工夫さえすれば簡単に快適に過ごせる空間を作ることができます☆

10分~15分くらいでセッティングできています。


連泊する時はセッティングに5分くらいでOKです‼

3.小さい子供がいる車中泊での注意点

子どもを連れていると何かと問題が起こったりしますよね。
sakuyuruが気を付けていることをご紹介♪

①設備がきれいでなるべく大きい道の駅を探す

  トイレの数や駐車場が大きいと大型車と分けられているため、
  過ごしやすいです。

おすすめは
普通車 70~100台  大型車 5~10台
くらいの道の駅の大きさが過ごしやすいです。

また普通車と大型車の停車位置が離れていると
騒音問題も軽減できると思います。

道の駅はゆるーとという無料の道の駅サイトを検索してみてください‼
道の駅の大きさや外観、ブログにもすぐアクセスできるので
私自身かなりお世話になっています。

こんな感じで知りたい情報が一目でわかります↓


道の駅と地区で検索をかけてブログをCHECKする方法もおすすめ‼

ブログだとその道の駅のデメリットも知ることができます。

私の体験として例をあげるなら
岐阜県にある道の駅池田温泉です。

温泉もあり、駐車場も広く、普通車と大型車は完全に離れています。
トイレも広くて比較的きれいでした。
立地は最高ですが、22時~2時頃までやんちゃな若者が爆音で音楽を鳴らしたり
エンジンをふかして大声で騒いでいるため不快でした。
金曜日の夜だったから余計かもしれませんが…


など、体験しているからこそ詳細に道の駅について
語ってくれているブログはかなり参考になります。
詳しいブログになると、防犯面についても紹介してくれていますよ!

②21時に寝られるようにすべての準備を終わらせる段取りを組む

  我が家はノープランでいきなり車中泊をしに行くこともよくありますが、
  必ず子どもの生活リズムを崩さないように配慮しています。

  お風呂や着替え、歯磨きなど子どもがいつ寝ても大丈夫なようにしておくと
  かなり気持ちが楽に楽しく移動できます‼

③車を止めるときは防犯カメラの範囲内に止める

  これはこどもがいる車中泊者だけでなく女性一人での車中泊でも
  配慮してほしい部分です。
  RV(多目的レジャー車)パークなどしっかり管理されている有料施設を使うのもおススメ!

④車載カメラを前後に取り付け24時間稼働させておく

  今は安価でも24時間監視できる車載カメラが売られています。
  防犯カメラと車載カメラ、録画ステッカーを上手に利用しましょう!


⑤トイレに近いところかつなるべく角側に止める

  防犯カメラは必ず意識してください。
  周りに車中泊している人がいなければ角じゃなくてもOKです。

  ただし、音に敏感な方はトイレの近くはおすすめできません。
  人の行き来が多くなったり、車が近くに止まりやすいため
  ほかの場所からすると騒音は多くなります。

⑥近くにほかの車中泊車がいないところを選ぶ

  これはトイレに近いところかつなるべく角側に止めるでも
  注意点としてあげていますが、音に敏感な方や人目が気になる方は
  車を止める位置をよく考える必要があります。

音や人目は気になるけど、防犯もトイレもクリアしたい‼という方は


車の窓につける目隠しシートを防音や遮光性のあるものを選ぶのがオススメ‼
ただ、それなりに金額がするのと収納にもある程度の場所の確保は必要になります。

ですが、本当に効果があるため快適に過ごしたいという方は検討してみてください‼

⑦絵本やぬいぐるみ、子供の気を引けるものを持っていく

  お気に入りのものをもっていけばセッティング中も楽々ですよ☆
  むすめちゃんは運転席が好きなのでいい子に運転してくれています(笑) 


 

⑧子どものものは必ず手の届く範囲に収納する


  意外と手の届くところに遊べるものや食べるものを置いておくと
  自分でご機嫌を取ってくれます(笑)
  
  そして自分なりに色々学んでくれているように感じます。
  半信半疑だとは思いますが、思い切ってお任せスタイルにしてみましょう‼

飲み物やお絵描きなど失敗してしまうと後片付けが大変なものは
子どもも大人も無駄なストレスになってしまいます。

こぼれないストローマグやお水でぬりえなど汚れたりしにくいものを
あらかじめ準備しておくことが大事です‼

⑨飲み物やおやつなどは必ず準備しておく

  常温で常備できて長く楽しめるものがおすすめです。
  むすめちゃんの場合はドライフルーツやこいわしのせんべいです(笑) 


⑩いざという時のために子どもの着替えは大目に大げさに選ぶ

  車中泊となると泊まる場所によって温度や湿度などかなり
  変わってくるので子供の体調には十分注意しましょう‼

  はら巻きやブランケット、大判のストールなどがあると便利です。  


⑪カイロや冷えピタの常備

  体調管理にも寒さや暑さ対策にも使えます♪

  カイロは2つ使いで飲み物を温めることもできますよ!  
  子供も大人も使えるものだと荷物の場所も取らず有効活用できます☆



4.ペット連れでの車中泊の注意点

ペットによっても持ち物等は変わってきますが、
愛犬を連れて車中泊するうえで注意していることをご紹介♪

①飲み物と食べるものを準備

  ペットはペット用のゲージを準備しておくと
  食べ物も飲み物も設置しておけるのでかなり便利です。

  長距離の移動でもゲージを固定しておくことで
  安全面も確保できます。
  シートベルトにつなげられるものもあるためペットにとって
  安心できて安全な空間を確保してあげましょう。

②マナーパンツは必ず持参

  道の駅によってはドッグランがあるところだとマナーパンツをしていれば
  一緒に店舗にも入れる場所もあります。

  旅を一緒に楽しむための必需品です‼


③BOSSの消臭袋は車に常備

  マナーパンツ同様、ペットと旅をするための必需品です。
  ドッグランによってはペット用のゴミ箱が設置されているところも
  ありますが、持ち帰ることも考えて匂いが漏れない袋がオススメ‼


④体拭きシートや濡れティッシュを常備

  急な雨や長距離移動での緊張などでペットの足や体も汗をかいたり
  汚れたりします。

  清潔さを保つためにも持っていて損はないです。
  赤ちゃんにも使える濡れティッシュならペットにも安心して使用できます。


⑤寝る前と朝一は必ずお散歩をする

  リフレッシュもかねてお散歩しましょう‼
  そうすれば長旅でもペットのストレスを軽減できます。

  思いっきり遊んで移動時に寝て回復してくれれば
  ペットにとっても楽しい旅になりますよ!

⑥常に一緒に行動できるかを調べていく

  せっかくの旅なのでいい思い出にしたいですよね。
  ペット同伴で行けるプランを考えて行動すれば
  待たせてしまう心配も減ります。

  ペット同伴での宿泊施設等も増えてきているので
  ペット可で検索してルートを選びましょう。

ペット可でも細かいルールがある場合があります。
リード必須、ペット用バッグに入れているならペット可、マナーパンツ必須
など注意事項は必ず目を通すようにしてください。

⑦ドッグランなどノーリードでストレス発散させる

  常につながれている状態だとペットもストレスになります。
  解放してあげられるところでは解放してあげましょう。

  ただし、ルールはしっかり守るようにしてください。


 

5.まとめ

車中泊をするにも十人十色で必要なものが変わってくる。
必要なものはなるべく常備しておくようにしましょう‼

現地調達でも大丈夫ですが、思わぬアクシデントで予定が丸つぶれ
なんてことにもなりかねません。

楽しい旅にするための準備は念入りに行いましょう!

最後まで見てくださりありがとうございます‼
また次の記事もお楽しみに!

お気に入りやフォロー、シェアもよろしくお願いします.*

コメント

タイトルとURLをコピーしました