【ワンオペ育児】災害時に子どもを守るために必要なこと、準備方法

【ワンオペ育児】災害時に子どもを守るために必要なこと、準備方法 防災


こんにちは!sakuyuruです☆

自然災害大国の日本ですが、近年は新型コロナウイルスもある中で
もし被災したら…と思うと恐ろしくてたまらないと思う今日この頃。


最近は私の住んでいる地域で新たに、
新型コロナウイルス禍の中で被災した場合の分散避難について
のお知らせがありました。

皆さんの地域はどうでしょうか?

なかなか収まらない新型コロナウイルス
全国各地で起こる地震
梅雨や秋雨前線での水害と二次災害


こんなにも多くの自然災害が起こっているのにも関わらず
防災準備をしている人が少ないということはご存じですか?

詳しい実態調査データの詳細についてはこちらの記事を参照ください。

ワンオペ育児だから避難できるか不安

防災リュックまでもって避難できるの?

歩けるようにはなったけど避難時はどうしたらいいの?

などなどたくさんの質問が寄せられています。

結論から言うと、準備をしているかしていないかで
かなり普段の不安の要素を取り除けます‼



私も普段はワンオペ育児で小さい子供がいます。
臨月の時には大きな地震に直面したこともあります。

そんな私が情報を集めたりいろんな方に教えていただいた
小さい子供がいる場合の防災についてのあれこれを
ご紹介していこうと思います。

まだ防災の準備をしていない、防災リュックはあるけど見落としていた
という方に少しでも参考になればうれしいです☆

1.防災バッグは何を選べばいいの?

小さい子どもがいる場合、
どんなバッグを選べばいいか迷ったことはありませんか?

防災バッグはリュック‼

と思っている方も多いのですが、

実は状況に合わせて推奨されている防災バッグは異なってきます。

1.一人で走れる  →  防災リュック

  避難時に両手が空くため避難しやすくなります。
  暗い時間での避難もあるため反射板や明るい色のものを選びましょう。
  水害での避難もありますので防水のものを選ぶのがオススメです。

完全防水ではないのでレインカバーやリュックに入れるものはジップロックや
大きなビニール袋に入れてから詰めるのと水害でもバッグの中のものを守れます。

ジップロックや袋は被災時に重宝するので一石二鳥‼


2.子供連れ、ご年配の方  →  キャリー付きリュック
  
  キャリー付きなら重いものが運べない方や子どもをおんぶや抱っこで
  避難する際に便利です。
  急に発生する地震以外は、気象情報を頻繁にCHECKしましょう。

  避難勧告が出たらすぐに避難できるところまで準備してください。
  避難指示が出たらすぐに避難しましょう。
  
  歩けるようになった子でもそんなに早く歩いたり走れるわけではないので
  なるべく早めの行動をとれるのが理想です。

新型コロナウイルスの影響もあるため、車で避難できる場所をあらかじめ調べましょう。

避難勧告の際に車に荷物を積んですぐに移動できれば
安全な空間と被災時に慌てなくて済みます。

『まだ大丈夫』とは思わず、
家族を守ることを第一に行動してください。

MEMO

避難後にもし断水などで給水しなければならない場合
大き目のビニール袋をキャリーバッグの中に何枚か重ねていれておくと
そのままキャリーのリュックに水を入れられます。

ビニール袋をしっかりしばっておけば水をこぼさずに簡単に運べますよ‼

次は防災バッグの中身についてご紹介します。

2.子どもの防災用品を入れつつ荷物を軽量化するおすすめ商品 4選

私はほとんどの防災グッズは100円ショップで購入しています。

それでもいいと思うのですが、何を入れていいかわからないという方は
防災のプロフェッショナルが厳選したものがセットになっている
商品を選びましょう。

そこにどんどん自分たちに必要なものを足していけば簡単です☆

それではおすすめ商品です!

①紙おむつよりコンパクト‼おしっこ吸収ライナー


  紙おむつに取り付けるだけで、靴などを脱がさなくても
  取り換えられるし紙おむつの節約にも‼
  
  紙おむつよりもコンパクトなので防災グッズに入れても
  かさばりを減らせます‼

男女兼用で7㎏~なので要注意!

②ベビーワイプ

  これがあるから荷物が重たくなるといっても過言ではないベビーワイプ。

  普段お使いの濡れティッシュでもよいですが、
  災害時はお風呂等に入れなくなることがあります。

  ワイプ、ボディーシート、1枚でしっかり汚れを拭きとれる
  乾燥しにくいなど併用できるものを選ぶと荷物を減らせます。

③使いまわせるスキンケア用品を入れる

  私のおすすめはワセリンです‼
  少量で伸びもよくしっかり保湿もしてくれます。

  赤ちゃんにも使えておとなはもちろん、スキンケア以外にも
  使える万能アイテムです。

離乳食が始まったお子さんにはご飯前に口周りと首に塗れば肌荒れ防止に‼
花粉症の方は鼻下に塗れば症状緩和に‼
靴擦れ防止や股ずれ防止などなど使い道たくさん☆

④赤ちゃんにも優しい素材の大判のおくるみ

  授乳ケープや寒さ対策、おくるみとしてなど多様に使える大判の
  布を入れておくと色んな用途で使えます。

  もし使わないような年齢になってもそのまま寒さ対策や
  避難時の目隠しとしても使えます‼

⑤BOSS消臭袋

  本当に匂い漏れがないのでおすすめ商品です‼
  防災バッグ以外にも車や普段使いのカバンに常備しておく
  ようにしてください‼

  ナイロン袋は災害時に重宝するので予備は何枚あってもいいですよね!
  オムツの処理以外にも中にペットシーツや処理済みオムツを
  入れた状態で簡易ポケットトイレとしても使えます。

3.まとめ

いかがでしょうか?

ほかにも子どもと大人と併用して使えるものや、
ミルクなどたくさん迷うところはあると思います。

普段は完全母乳育児をしているという方でも被災時は
ストレス等で母乳が出なくなるということがあります。


少しでも粉ミルクや液体ミルクにならしておくことを
おすすめします。


災害時にミルクを体温に近い温度にするにも工夫が必要ですよね。

火が使える状態ならいいですが、もし使えない場合はきれいなアルミ缶や
キャンプ等で使うシェラカップがあればティッシュにワセリンを揉みこんで
小さい火を作ることもできます。


ワンオペ育児で不安との闘いですが、被災時にも少しでも
慌てずに家族を守れる行動をとれるように準備しておきましょう!

気分を紛らわせられるものや落ち着かせられるもの、
子どもの気を引けるものなど忍ばせるのもおすすめ!



必要となってくるものや知識はご家庭によって変わりますので、
少しでも参考になればうれしいです☆


最後までお読みいただきありがとうございます。

フォロー、シェア、コメントもお待ちしております♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました