【妊娠出産】本当おすすめ!体と気持ちを楽にしてくれるアイテム4選

【妊娠出産】本当おすすめ!体と気持ちを楽にしてくれるアイテム4選 おすすめ

こんにちは!sakuyuruです☆
現在2歳半のおちびさんと毎日ほぼワンオペで向き合っています。

妊娠発覚から出産までをまとめてみました。
こちら⇩


今回は壮絶な妊娠と出産を経験してこれはあって本当に
よかったと思ったアイテムをご紹介していきます。


どの妊婦さんにも使えるアイテムばかりだと思います。

つわりがひどかったからこそよかったものは
番外編として後半に少しだけご紹介します。


それではいってみよう♪

妊娠中から出産後まで大活躍したアイテム4選

1.授乳クッションにもなる抱き枕

これは本当につわりがひどくなってからすぐ購入した商品‼

本当におすすめで子供が2歳になった今でも私が
寝るときに手放せないアイテムです。


赤ちゃんが生まれてきたら授乳クッションとしても
使えるしなにより洗えるので衛生的‼

肌さわりもよく、本当にお気に入りです。

これがなかったら妊娠出産はもっと辛かったなと
思えるほど体を楽にしてくれるおすすめアイテムです。

2.鉄分と葉酸サプリメント

これはずっと飲んでいました。

だからといって効果はと言われると実感はありませんが、
妊娠出産中に必要な栄養分だと聞き
欠かさず飲んでいたものになります。

3.ひざ掛けにもなる授乳ケープ

スナップボタンで何WAYか変形させられるタイプ
授乳ケープが本当に使い勝手がよくておすすめです‼

また授乳ケープだと赤ちゃんのことを考えられた
肌に優しい生地で作られていることも多いため
安心して使用できます。


これ一つで授乳ケープにもブランケットにもなるため
外出時など役に立ちます。

使わないときはコンパクトに収納できるのも
おすすめポイントです‼


何度洗っても肌さわりもよいので、
卒乳してからでもブランケットとして
長く愛用することができます‼

4.ウォーターサーバー

いつでも天然水の熱湯と冷水が使える優れもの!

赤ちゃんのミルクを作るときも本当に楽で旦那も絶賛‼

ミルクを冷ます時間も必要なく授乳の時間にすぐに
作って飲ませることができるため赤ちゃんを待たせる
時間もありません。

夜中に熱湯と白湯を準備する手間もないため、
産後の辛い体を少しでも休ませることもできます。



天然水を使用しているため赤ちゃんにも優しく
安心して飲ませることもできますし、
大きくなればお散歩前の飲み物の準備だって
あっという間に完成‼


本当にあってよかったとウォーターサーバーには
感謝しかありません(笑)

ぜひCHECKしてみてください‼

番外編:つわりが入院レベルだった私のおすすめアイテム3選

1.つわり用ブレンドティー

ほっと体を温めてくれて気分がまぎれるブレンドティーです。

紅茶好きなら試してほしい商品!


マタニティーブルーで精神不安定な時もこれを飲んで
少し落ち着くことができていました。


他のフレーバーもありますので、
お好きなブレンドティーをお楽しみください‼

2.経口補水液

アクエリアスやポカリスエット、ダカラなど飲みやすいもので
大丈夫です。

つわり中で特に吐きつわりが強く食事がとれないという方は
必ず1日1本を吐きながらでも飲んだほうがいいです。

点滴の代用品とも言われているくらいで、
私自身も産婦人科でかなりおすすめされていました。


これを飲むとしばらくは気分が少しだけ楽になっていました。
点滴を打った後と同じ感じでしたね。


一気に飲まなくても大丈夫なので少しずつ1日1本を飲むという
目標みたいな感じでOK‼

3.梅干し

おばあちゃん世代の人によくおすすめされていたのは
梅干しを白湯につぶしていれて飲むというものです。


塩分が濃い梅干しが苦手であればはちみつ梅でもOK!


山登りには梅干しとはちみつを持っていけ


という教えと同じ感じです(笑)


足がつるのを抑えてくれたり、楽にしてくれます。

実際にこむら返りが起きた時に梅干しを食べると
すぐ収まりました(笑)


その時に思い出したことが

小学生のころに祖母と山登りに頻繁に行っていて
私が持っていたカリ梅のおかしとはちみつチューブで
助けた人が何人もいます。

子どものころは自分のお菓子が…と初めは思ってました(笑)


その出来事があってからは少しだけ大目に持ち歩いています。


先人の知恵ってすごいなぁと改めて実感した出来事でしたね。

騙されたと思ってぜひ試してみてください‼

まとめ

いかがでしょうか?

妊娠中から出産後まで使えるおすすめアイテムと
つわりがひどかった実体験からのおすすめのご紹介でした。


少しだけでも参考になれればうれしいです‼


この記事がよかったと思ってくれた方は
フォローやシェア、コメントもよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました