【防災週間】台風に備える‼停電断水浸水に備える備蓄と気遣い対策8選

【防災週間】台風に備える‼停電断水浸水に備える備蓄と気遣い対策8選 防災

こんにちは!sakuyuruです☆
ワンオペ育児に奮闘しながら趣味を楽しむ一児の母です。

育児や趣味について気ままに更新しています!

防災週間ということで今回はこの時期に多い
“台風“について考えていきたいと思います。

私自身近年では、平成30年度に発生した
・大阪府北部地震(6月18日)
台風第21号(9月4日)

を妊娠中に体験しています。


特に台風の時は臨月でとても大変な思いをしたので
台風が多くなる7~10月はつい身構えてしまいますね…

そんな中で行動しておいてよかった
準備しておいてよかったと思えたものをご紹介します。

前もって行動を心がける

普段から意識していることが以下6つ

・車のガソリンは半分くらいになったら満タンにする
・家の周りに飛びやすいものはおかない
・家の中を整理整頓する
・充電式ライトやモバイルバッテリーは1ヶ月ごとにフル充電する
・よく使うものは最低でも2つはストック
・トイレ関連は多めにストック

台風が発生し日本に上陸するという天気予報が出た時は

・養生テープやマスキングテープを普段の買い物でストック
・ウォータータンクを洗って水を入れておく
・食料を3日分ほど買い置きする
・充電式ライトや掃除機、モバイルバッテリーはフル充電

4つの内容を普段よりも前もって行動しています。


台風が『住んでいる地域に明日直撃する』

となると毎度のことながらスーパーやコンビニは長蛇の列になり、
陳列棚から物が消える現象が起きています。



今はコロナウイルスの影響もあるため、密になるのはいつも以上に避けたいですよね。

そのため私は混雑する前にストックをするようにしています。

普段から 前もって行動 をしているおかげで慌てることはありません。


準備がしっかりできていることで
ちょっとした安心感というか心強さが生まれます。


台風が直撃する!直撃する前にやっておくこと


台風が直撃するとわかった時に私が行う行動は

・洗濯機を回して洗濯物を終わらせておく
・ご飯を炊いておく
・作り置きをする
・掃除機をかける
・ゲームやiPadなど充電できるものはすべてフル充電
・明るいうちにお風呂に入って残り湯は断水対策に残しておく
・ラジオやランタンの最終CHECK
・ハザードマップの確認と家族と防災会議
・すぐ逃げられるように大事なものはまとめておく
 (母子手帳、銀行の通帳類、保険証、パソコン類、すぐ食べられるお菓子やパンなど)

もしもハザードマップで家の近くまで浸水するエリアがある場合
自分の家が浸水しないエリアであったとしても水嚢は準備しておいた方がいいです。

玄関に段ボールをL字に置いてその上に箱型の段ボールを置き
その中に水嚢をいれておきましょう。


もし2階や3階建ての戸建て住宅であれば、
普段から2階や3階にも防災グッズを常備しておくと
逃げ遅れてしまった時もある程度はしのぐことができます。

ここまでしていれば防災のプロ‼ちょっとした気遣い対策8選

もしも停電や断水をしてしまったら…

避難したとしても自宅が無事であれば自宅避難になることがほとんどです。

長引く停電や断水時にも役立つ対策をご紹介‼

1.蓄光シール

ドアやライト、鍵や大事なものをまとめたかごなど
停電時でもよく使うものには蓄光シールを貼っておきましょう。

暗がりでも物を見失うことも少なくなります。

かわいい蓄光シールなら子どもでも夜の不安を軽減できます‼
今では100円ショップでも売っているのでおすすめアイテムです。

2.マグネット付きライト

停電生活になるとキッチンが暗くて作業ができないことがあります。

明るいうちに毎回ご飯を準備できればそれに越したことはないですが、
難しい場面もありますよね。

マグネットライトがあれば冷蔵庫や換気ダクト壁面に
くっつけられるのでキッチンのスペースをとることもなくすごく便利

LEDライトのほうが長持ちはしますが、
停電時はいつ電気が復旧するかもわからないので電池式がおすすめです。

3.分解して洗えるキッチンバサミ

断水生活中は包丁を洗う水すら不足してしまうので、
分解して隅々まで綺麗に除菌シートでふけるキッチンバサミがおすすめ‼

ちょきちょき切るだけで料理するのでとっても便利‼

4.使い捨て手袋

なるべく手を汚さず節水するためにも料理をする際は
使い捨て手袋があると重宝します。
衛生的に料理ができるので準備しておきましょう。

5.スライサーやピーラー

まな板なしでスライスした野菜をそのまま鍋やフライパンにINできる優れもの‼

野菜も薄くカットされるため火の通りが早くなり
カセットガスの節約にもつながります。


少量の熱湯消毒をすればOK‼

6.アイラップ なんでもシート

まな板に敷いて食材を切ったり、料理の下ごしらえや
食器の汚れ防止にも使用できます。

ラップよりも破れにくいのでお箸やスプーンをつかっても大丈夫‼
汚れ防止に敷いたのに結局破れてお皿も汚れちゃった
って心配も少なくなります。

ただ包丁など刃物は強く当てると切れてしまうので注意が必要です。

7.霧吹き

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォータースプレー ナチュラルカラー 350ml
価格:110円(税込、送料別) (2021/9/2時点)

手や食器を思いっきり水で洗えない環境の中で
少量の水と水圧で洗えるので便利‼

節水しながらも満足感が得られるのでぜひ準備してほしい!

8.BOS 消臭袋

BOSの消臭袋は本当に臭わないのでかなりおすすめ‼

被災時はゴミの収集が止まることが多く、カラスや野良猫対策のため
ゴミ収集日が決まるまで家庭で管理することになります。


料理で出たゴミ、オムツ、食べ残し、トイレ、使い終わったティッシュなど
すべてBOSの消臭袋に入れて破棄した方いいと言っても過言ではないです。

大きい袋だと縛るまで臭いが出てしまったりしてもったいないので
SSサイズを多めに持っておくことをおすすめします。

できればSS~LLくらいまでのサイズを揃えられると
かなりゴミの管理がしやすくなると思いますよ‼

準備しておくに越したことはない

いかがでしょうか?

災害が発生したときはニュースで避難所生活がよく流れていると思います。

ですが、避難所生活をしている方よりも
自宅避難をされている方のほうが圧倒的に多いです。

自然災害は絶対に起こるもの。

少しでも自分たちでできる対策を行い、
本当に何もできない状態で困っている方がレスキューの手を
取れるように被災のレベルを軽くするための準備をしましょう。


少しでも参考になればうれしいです‼
最後までありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました