【NFT】って?仕組みや登録方法とは?特徴について解説‼【トークン】

【NFT】って?仕組みや登録方法とは?特徴について解説‼【トークン】 Event

こんにちは!sakuyuruです☆
ワンオペ育児に奮闘しながら趣味を楽しむ一児の母です。

育児や趣味について気ままに更新しています!

・小学生が数百万円稼いだ
・VRの実態がないアートが1700万で売れた

などなど最近のニュースで話題となっている 「NFT


そもそも 「NFT」 ってどんなもの?
本当にそんなに稼げるものなの?


と疑問に思ったので調べてみました。

「NFT」 についてわかったことをご紹介していきます!

「NFT」= 非代替性トークン

NFT とは?

「NFT」とは、
Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)” の頭文字をとったもの。

Fungible(ファンジブル)という単語は「代替可能」という意味で
最初に否定を示す “Non” がついているので、「非代替性トークン」とも言います。


NFTは暗号資産の一種で、デジタルデータ(音楽や映像・画像を数値で表すもの)が
偽造することができないように暗号をつけています。


通常のデジタルデータは、簡単にコピー(複製)ができるのが魅力の一つ。
その反面、偽造も簡単にできてしまうことからこれまでは
デジタルデータには価値が少ないとされてきました。


デジタルデータの「偽造されやすい」デメリットを打ち消すことで、
NFT」はその価値をより向上させているのです。


現在はデジタルアート市場として注目を集めていますが、
将来的にゲームや不動産などさまざまな分野でNFTが利用されると考えられます。

トークンとは?

トークン(token)の言葉自体はさまざまな文脈で使われ明確な定義がありません。

私たちの身の回りだと、図書券やクーポン券などの商品やサービスとの引換券
ポイントなどの代用貨幣がトークンに該当します。

仮想通貨 業界では一般的に、既存の ブロックチェーン 技術を利用して
発行された仮想通貨のことを指します。

多くのポイントや図書券は、1ポイント=1円というように
日本円との交換レートが固定されています。

仮想通貨 のトークンは他の通貨との交換レートが変動しますが、
米ドルなどの法定通貨と価格が連動するトークン(ステーブルコイン)も存在します。

NFT で使用されるトークンは
ブロックチェーン技術を用いて発行された電子的な証票を意味します。

証票とは、何らかの証明をするための書き付け(暗号)を意味します。
ブロックチェーン上で発行され、
所有者が何らかの権利を持っていることを証明するものです。

NFT と 暗号資産 の違いは?

NFT の「 非代替性トークン 」

言葉の通り代替が効かず、唯一無二であるということ。
デジタルアートやゲームアイテムに使用されることが多いです。

NFTはブロックチェーンから発行されるトークンですが、
発行された NFT と同じ NFT は世界に2つと存在しません。
さらに、NFT はコピー(複製)ができないという特性もあります。

NFTを持つことで、
対象物を所有していること
データが真正性であること(偽物でないこと)

を簡単に証明できるのです。

暗号資産 の 「代替性トークン」

暗号資産 は “Fungible Token(ファンジブルトークン)”
つまり「代替可能トークン」です。
同じトークンが複数あり、さらに分割して配布することができます。

また、通貨やポイントに使用されることが多いです。

ビットコインやイーサリアムを始めとするFTは 「代替性トークン」です。
同じ価値のトークンを発行できることから通貨として成立しています。

例えば 約1,800万枚発行されているビットコインでは、
複数のビットコインを持つことも、分割して 0.XX ビットコイン持つこともできます。
それに比べて NFT はたった一つだけ、分割することもできません。

NFT はだれでもできるの?

単語や難しい言葉も多いため
「NFTを利用するには高度な技術や知識が必要なのかも…」
と思ってしまう方も多いかと思います。

しかし、そんなことはありません。

NFTは、ユーザーが作成したデジタルデータを
ブロックチェーン上にアップロードするだけで利用することができます。

※ NFT にクリエイター登録する際に運営側より審査があります。
だれでもできるとは限らないようです。

文章・画像・映像・音楽のような現実に存在するアナログデータはすべて、
数値に置き換えることでデジタルデータに変換することができます。
現実で作成したアナログデータをすべてNFTとして取り扱うことが可能になるのです

NFT市場は多くのアーティストから注目を集め、市場規模を大きく拡大させています。

NFT にはどうやって登録するの?

そもそも NFT にはどうやって登録するのか気になりますよね。

① まずは discord.com にアクセスします。

Discord - 話そう、チャットしよう、集まろう
Discord – 話そう、チャットしよう、集まろう
無料
posted withアプリーチ


② DiscordのNFTStudioサーバーに参加して
新規ユーザー登録チャンネルから活動名・自己紹介文・メールアドレスをご記入 


③ クリエイターの経歴や製作作品などを記入して審査を受ける

④ 審査が通れば誓約書が送られるので記入して提出する

⑤ 販売するうえでの不明点等の確認をチャットで行う

⑥ アカウントが作成され、IDとパスワードが発行される

⑦ NFT studioにいって右上のログインをクリック

<
>

⑧ 右上のメニューからプロフィールなどを設定する

⑨ NFT発行からアイテムをどんどん保存していきましょう!

以上が NFT のクリエイター登録からアイテム登録までの流れとなります。

NFTの将来性

NFTは市場が急拡大している状況で、
今後もさまざまなアップデートが期待される分野です。

エンターテイメントに関する適用が進んでいる状況ですが、
NFTはさまざまな可能性を秘めていると言われています。

不動産にNFTが活用されたり、すでにゲーム上に存在する
土地の所有権にNFTが活用されているという事例も出ているので
楽しみですね‼

いかがでしょうか?

急速に拡大するNFT。
気になる方はぜひチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました